徳洲会 呼吸器部会|取り組み|研修プログラム

研修プログラム

取り組み

取り組みMenu

研修プログラム

2016年11月現在の各学会ホームページによると、内科系主要専門分野の医師数にはかなりの偏在があり、学会員数 / 専門医数は、日本消化器病学会が33933名 / 19530名、日本循環器学会が26014名 / 13690名であるのに比して、日本呼吸器学会は11931名 / 6015名となっており、学会員数・専門医数ともに呼吸器分野は不足しています。

専門医数は消化器:循環器:呼吸器=3:2:1と呼吸器専門医がとても少ない反面、呼吸器疾患は、肺がんや悪性胸膜中皮腫などの悪性腫瘍、特発性肺線維症などの間質性肺炎、びまん性肺疾患など極めて専門性の高い疾患から、気管支喘息などのアレルギー疾患、COPD、呼吸器感染症のように、総合内科・総合診療科でも診療が行われているcommon diseaseまで、とても幅広く、かつ症例数は他の診療科に比して大変多いため、呼吸器専門医になると充実した診療を行う事が可能です。

呼吸器専門医になると、このように幅広く多数の症例を診療できてgeneralistのように活躍する事も可能であると共に、subspecialityを極める事でその分野のオピニオンリーダーとしての道も開けてきます。

呼吸器専門医は肺がんやびまん性肺疾患の診断に気管支鏡検査を日常的に行いますが、軟性気管支鏡を用いたinterventional bronchoscopyとして、腫瘍に対する気管支ステント、レーザー、アルゴンプラズマ凝固法や高周波スネア、肺真菌症に対する局所療法、難治性気胸に対するEWS(Endoscopic Watanabe Spigot)、難治性喘息に対する気管支サーモプラスティなど、aggressiveな治療も多数行っております。

また、呼吸器内科は女性医師も多数おられ、活躍が可能な診療科であると共に、病院勤務を離れて開業しても、上述の通り、気管支喘息、COPD、肺炎、気管支炎など需要が多い疾患を専門的に診療でき、更には肺がん診療の経験を活かして様々ながん患者さんの在宅診療を行う事も可能です。

呼吸器専門医になるためには、日本呼吸器学会に入会した上で、日本内科学会認定医・総合内科専門医を取得後3年間、日本呼吸器学会認定施設で研修し、更に臨床呼吸機能講習会の受講、3編以上の学会発表・論文が必要となります。徳洲会グループでは、「施設一覧」の通り、日本呼吸器学会認定施設・日本呼吸器学会関連施設を多数擁しており、また、学会活動も盛んなため、先生方のニーズを満たす事が可能です。