徳洲会 呼吸器部会|概要|徳洲会の強み

徳洲会の強み

徳洲会の強み

現在、徳洲会グループは日本国内に71の病院を有し、医師数3000名を超える医療集団として、日々の臨床で様々な疾患に対峙し、地域医療に貢献しております。その中でも、呼吸器疾患が占める割合は外来・入院ともに高く、極めて重要な領域となっています。

呼吸器疾患は、肺がんや悪性胸膜中皮腫などの悪性腫瘍、特発性肺線維症などの間質性肺炎、びまん性肺疾患など極めて専門性の高い疾患から、気管支喘息、COPD、呼吸器感染症のようなcommon diseaseまで幅広く、症例数も多いため、呼吸器専門医は充実した診療を行う事が可能です。

この際、COPD、気管支喘息、呼吸器感染症などは患者数が多く、総合内科・総合診療科での診療も行われますが、重症例などは呼吸器専門医による診療が必要なため、適宜、コンサルテーションを受ける体制が確立されており、徳洲会グループの呼吸器専門医は、より専門性の高い疾患に専念できる環境が整っています。

徳洲会グループ全体としては、大学病院を複数あわせた以上の症例を経験する事が可能ですが、それを1病院だけでは対応が不可能であるため、多岐にわたると共に奥が深い呼吸器専門領域の理解を深め、教育を行い診療能力の向上に繋げるために、平成27年7月に徳洲会呼吸器部会が設立され、様々な施策を行っております。

年に2回、肺がん研究会と呼吸器部会症例検討会(学会形式)を開催し、肺がん診療における最先端の知見を得ると共に、各病院で経験した珍しい症例についての情報共有を通じたレベルアップを図るほか、間質性肺炎、呼吸管理、感染症などのミニレクチャー(教育講演)を企画する事で、より深い学習効果を得られるようにしております。

更に、徳洲会グループ内部の充実のみならず、グループ外の大学、研究機関との連携を強化するために「連携大学院」としての協力関係も整備しており、将来的に大学院に進んで研究を行う道や、臨床研究を大学と協力して行う道など、個々の先生方がsubspecialityを極める事でその分野のオピニオンリーダーとしての道を開ける事が出来るような体制作りも行っております。

徳洲会グループでは、「施設一覧」の通り、日本呼吸器学会認定施設・日本呼吸器学会関連施設を多数擁しており、また、学会活動も盛んなため、先生方のニーズを満たす事が可能です。