徳洲会 呼吸器部会|概要|理念・基本方針

理念・基本方針

理念・基本方針

理念

徳洲会グループは、『生命(いのち)だけは平等だ』の理念の下、「いつでも、どこでも、誰でもが最善の医療を受けられる社会」を目指して、職員一同、日ごろから弛まぬ努力、研鑽を重ねて参りました。

呼吸器部会においてもその理念を念頭に、以下の基本方針を掲げて、1人でも多くの患者さんが医学の進歩による恩恵を享受できるように頑張っております。

基本方針

  • いつでも、どこでも、誰でもが最善の医療(呼吸器診療)を受けられる体制の構築
  • 呼吸器内科、呼吸器外科、放射線診断科、放射線治療科、病理診断科、救急部、集中治療科、総合内科、放射線科(IVR:interventional radiology)など各科横断的な呼吸器診療体制の確立
  • 医師、看護師、薬剤師、認定病理検査技師、臨床検査技師、診療放射線技師、治験コーディネーター(CRC)、医療ソーシャルワーカー(MSW)など多職種に対する教育・研鑽の場の提供
  • 「生命を安心して預けられる病院」「健康と生活を守る病院」の普及
  • 「断らない医療」の実践