徳洲会 呼吸器部会|呼吸器専門領域の臨床・研究を推進するため、情報の収集、解釈、そしてその浸透、並びに部会の情報交換と親交を促進します。

お知らせ

徳洲会呼吸器部会 演題・参加者を募集! 第7回症例検討会

2018.01.29

2018年(平成30年)1月29日 │ 徳洲新聞 No.1118 1面

徳洲会呼吸器部会 演題・参加者を募集! 第7回症例検討会

徳洲会呼吸器部会は4月21日、第9回肺がん研究会・第7回症例検討会を開催する。徳洲会オンコロジー(腫瘍学)プロジェクトの一環で、肺がんや呼吸器疾患の診療レベルの向上が狙いだ。

事務局は現在、症例検討会への積極的な演題応募を呼びかけている。肺がんなど呼吸器悪性腫瘍や非腫瘍性の呼吸器疾患も含め幅広いテーマで募集中。呼吸器診療に携わる徳洲会グループの医療従事者すべてが応募可能。演題の締め切りは3月30日(採択は主催者に一任)、研究会への参加締め切りは4月16日。

症例検討会後には別会場で講演会を予定(他団体が主催)。“野口分類”という小型肺腺がんの病理分類の考案などで知られる筑波大学医学医療系診断病理学研究室の野口雅之教授や、WJOG(西日本がん研究機構)の2代目会長を務めるなど肺がん診療の泰斗である和泉市立病院(大阪府)の福岡正博総長が講演を行う。

第9回肺がん研究会・第7回呼吸器部会症例検討会

日   時:4月21日(土)午後2時~午後4時半
会   場: メルパルク京都6階会議室(京都市下京区)
プログラム:●徳洲会呼吸器部会・第7回症例検討会

他団体主催研究会

日   時:4月21日(土)午後5時~
会   場: 京都センチュリーホテル(京都市下京区)
プログラム:●特別講演Ⅰ=野口教授が肺がん診療の病理に関して講演。徳洲会病理部会の青笹克之・最高顧問(大阪大学名誉教授)が座長。●特別講演Ⅱ=福岡総長が「肺がん薬物治療50年の歩みと今後の展望」と題し講演。呼吸器部会長である竹田隆之・宇治徳洲会病院呼吸器内科部長が座長。

※ 参加無料。宿泊・交通費は各自負担。
  申し込み・問い合わせは徳洲会グループオンコロジープロジェクト事務局(未来医療研究センター内 ☎ 03-3263-4801)まで。